おすすめレビュー一覧

【SS】善子「どこにでもいて、どこにもいない」

ある日、ダイヤの『相談してね☆BOX』に堕天使ヨハネからの投書があった。それは「偶像を領布し、神と等しい存在になる為にスクールアイドル部を設立したい」というもので……というところから始まるシュールなコメディかと思って呼んでると最後にホロリと泣かされるハートフルストーリーです。
作品としては、独特な会話のテンポ、丁寧に練られたストーリー運び、そして、読む前と読んだ後では意味が変わって見えるタイトル
- 省略されています -
真姫「できたわ!押したら>>3するスイッチよ!」 ことり「!」

凄い、と言わざるを得ない。
文中で問題なる医療発展における社会的問題は、よく思考問題としても使われるごくごく有名なものだったと記憶してるが、凄い、と素直に感服されたのは、これが安価という、およそ投下した人間は鼻くそほじるついでにEnterキーをクリックした程度の娯楽鑑賞のつもりだったんだろうけど、筆者さんがそこからここまで物語を展開させたということに驚きを禁じ得ません。
西木野真姫、南ことりと
- 省略されています -
梨子「5年目の悲劇」

カテゴリー的にはミステリで、極端に長くなく、読みやすいお話。
タグや冒頭からも分かるように、やや残酷な描写あり。
5年間という時間の経過によるAqoursメンバーの変化。
主人公である梨子の視点で描かれる暗い物語。


- 省略されています -
善子「ふたりのヨハネ」

前半の善子とその分身ヨハネ、Aqoursメンバーの織りなすほのぼのとした日常、後半の切ない展開、そしてラストと見てて飽きなかった。
所々にエグゼイドやらビルドのネタも散見されるのでそこら辺も含めて楽しめた。
【ラブライブ】穂乃果「野球で廃校を救うよ!」

この作品にあるのは悪意と、それに晒された彼女達の悲しみだけです
神も仏も居なければ、想う故人すら伝播した悪意によって歪められています。

死人は何も望まず、ただ、今を生きる人のみがその正義と良識の元に生きて行くしかない事を思い知らされるでしょう。
【ラブライブ】にこ「さぁ、お前の罪を数えろ!」【仮面ライダーW】

カッコがなくてもタイトルの台詞を見れば分かる人には分かるはず!
仮面ライダーWとのクロスオーバー作品。

ラブライブの世界と仮面ライダーの世界を違和感なく書いていて、作品への愛を感じる。
なによりパイセンカッケェっす…。

- 省略されています -
果南ちゃん奮闘記

果南ちゃんが“最強”になる風潮が増えています。
しかし、本当の果南ちゃんは車を素手で止めたり、ありえないものを破壊できるでしょうか。
出来ないはずです。なぜなら果南ちゃんだって一人の“女の子”であり人間だからです。
果南ちゃんの何が最強か、それはこういう物理的な力ではないと断言します。最強級の可愛さと包容力でしょう?
最強なのは「ハグしよ?」これで心を打ちぬくのが果南ちゃんだと思います。
- 省略されています -
凛「塾に行くにゃ」

もう大分古い作品なのですが…
何度も読み返したくなる素晴らしい作品です。

ひょんなことから凛ちゃんが大学進学を目指して、塾に通い始め、受験に至るまでの若き日の甘酸っぱい苦悩が綴られています。
凛ちゃんの真っ直ぐさ、優しさ、そして負けず嫌いさにいつしか読者も引きずり込まれていきます。

- 省略されています -
ダイヤ「最愛のあなたへ」

とにかく表現力がすごかったと言うのが第一印象でした
ダイヤさんやAqoursのメンバーの心情や風景の表現などがどストレートに伝わってきます
細かい部分まで作り込まれ、ストーリーもよく練られていて久しぶりに気付いたら読み終わっていたすごく引き込まれるSSでした
大好きです


- 省略されています -
果南「にゃー」梨子「にゃー」

このSSは癒し。
二人の癒しワールドに皆も引き込まれるであろう。
この癒しは実際に感じ取れるものだと私はそう確信している。
二人の、、、いや2匹の癒し猫、、、飼いたくなる事間違いなし。