おすすめレビュー一覧

希「ウチの喫茶店の味は」

コーヒーには、というより取り分けその成分であるカフェインには、それこそ毒か薬かを医学的にもお茶の間のワイドショーでも論ぜられてしまうほど様々な方面で賛否が付いて回って来る飲み物であるが(まあ中には缶コーヒーと喫茶店で飲む純粋なコーヒーは別な飲み物で、後者の方に生命を脅かすような毒効は無い!と声高に述べる専門家も存在するらしいが)、この作品を読んだあとコーヒーがとても欲しくなる。というのは陳腐かな。
- 省略されています -
絵里「...あなたたち何してるのかしら?」うみにこりん「アワレンジャイ」

過去のSS、と題してはみたものの、
実質この作者さんは恐ろしいほどにラ板が好きな事が伝わってくる。
私自身はラ板はまとめサイトでしかの嗜んでいないが、このSSのギャグの随所まで盛り込まれたかつて見たそれらは、全てとまでいかないまでも懐かしさを思い起こさせてくれる。それでいて無理な詰め込みでなくssとしての自然さも損なわれていない、つまり良作であるということは読了したものなら誰しも納得
- 省略されています -
ダイヤ「禁断の姉妹愛……?」ルビィ「……」

タイトル通りです。
百合+姉妹という二重の禁忌を体現したssであり、ことダイルビssでは上位に入るであろう作品です。


海未「えっ!?姉さんが帰ってくるのですか!?」

光を超えて読み終わった
【ラブライブ】果南「異世界に飛ばされた。百合の楽園だった」【サンシャイン】

タイトル通り果南ちゃんの視点で進む話
特にかなまり好きにはオススメできる内容になっている
詳しくは語らない
ぜひ読んでほしい


- 省略されています -
絵里「集まったギャンブラー」

この世界の何処か、本当にあるんじゃないかと錯覚させられてしまいそうなほどに世界観に没入できました!
長編でこそあるけれども、それでも必要以上には掘り下げず語らない描写力は、寧ろギャンブラーのやりとり、その背景までもをミステリアスな雰囲気に演出せしめ、秀逸そのもの。これは完全に妄想でだけどもその空気を助けようと俺の脳内ジュークボックスはクラシック・ジャズを常に鳴り響かせていましたね〜

- 省略されています -
千歌「うぅ…おちんちんが2本になっちゃったよぉ…」

何だこれは…なんなんだこれは

トータル・リコールではオッパイ3つってあったよね?
鞠莉「好きなのに嫌いなの」

「小原鞠莉」という存在は、ラブライブ!サンシャイン!!において一種の道化としての役割を担っています。
このSSにおいての「小原鞠莉」は、嘘に嘘を重ねて自分を偽り自分の想いすらも全てを覆い隠した先に出来てしまったモノの成れの果て。
限界を迎えた彼女は一体どんな行動を起こすのか?
そんなお話のSSです。
にこ「穂乃果~パソコン借りるわね~」穂乃果「うん、いいよ~」

「ほのにこ」の中でめちゃくちゃ好きなSSの一つです。
いや、本当に凄い。
そしてニヤニヤしますよ。
何故おわれとか書いたし()
千歌「恋の歌かー」曜「鯉?」

言葉選びから雰囲気づくりまで何もかもが素晴らしく、読んでいる間、読み終わった後、ようちかのことしか考えられなくなる。
幼馴染み、女の子同士ならではの苦悩を見事に表現しており、それを乗り越える様は涙を流さずにいられない。長編ではなく、短めの文章の中でこれほどまで多くのことを表現できるのかという驚きもある。中でも「やめやめ問答」は、とっても好き。
ようちかと梨子ちゃんのほかにも登場人物が数人
- 省略されています -