ダイヤ「あ、この写真…。」

すこし臆病でとても優しいAqours3年生組のお話

3年生組の中でも、スクールアイドルへの想いが強かったであろうダイヤ。そんな彼女が、鞠莉が留学して以降どのような想いを抱えていたのか。そして、彼女の止まっていた時計が動き出した瞬間、どんな想いを抱いていたのか。

アニメでは鞠莉と果南の関係性にクローズアップされていましたが、ダイヤもいろいろな想いがあったはず。その想いが、1枚の写真をきっかけに溢れ出します。

アニメでは語られなかった、3年生組がAqoursに加入した後の空白を埋める、そんなお話です。

とても優しいお話です。個人的な話ですが、このSSを読んでからダイヤさんのことがいっそう好きになりました。