梨子「5年目の悲劇」

5年の月日が生んだもの

カテゴリー的にはミステリで、極端に長くなく、読みやすいお話。
タグや冒頭からも分かるように、やや残酷な描写あり。
5年間という時間の経過によるAqoursメンバーの変化。
主人公である梨子の視点で描かれる暗い物語。

前述したとおりミステリではあるが、5年後のAqoursの物語としても楽しむことができる内容で、シリアスな雰囲気を好む読者にはたまらないはずだ。
読了後、スッキリとした気分を味わえる類ではない。
多くの人がモヤモヤとした感情を残すだろう。
しかしそれこそが本作の魅力の一つであると、私は感じた。